現金に関する相談は専門家にしてスムーズに問題解決

セミナーを開く

税理士は事務所で待つだけでなくセミナーで集客もできる

税理士は、古くからの顧客や、のれん分け、紹介などで顧問先を増やしていくのが伝統的なやり方でした。 しかし、最近は税理士の高齢化が進むとともに、税理士に仕事を依頼していた中小企業等の社長の多くが引退する年を迎えつつあり、従来型の税理士のビジネスモデルが変化しつつあります。何等かの工夫をしていかなければ顧客を獲得することが難しい状況になっているのです。 工夫する方法の一つとして、セミナーを開催するというものがあります。マスメディアほどではありませんが、多くの人に一度に働きかけることができますし、営業をして頭を下げるということではなく、役に立つ情報を提供することによって信頼を勝ち得て、結果的に新規顧問先を獲得することにつなげる効果が期待できます。

困ったときは親身になってくれる税理士に相談しよう

税金に関しての知識が乏しかったり、起業したばかりでどうすればいいのかわからない、という人は無理に自己解決をしようとせず、専門の税理士に相談しながら進めていくことが大切です。税理士はお金に関わることについてプロなので、分からないことを教えてくれる以外にも、知っておいたほうがいい豆知識なども教えてくれます。 税理士を選ぶときに一番重要なのが、どれだけ親身になって話を聞いてくれて、解決方法を考えてくれるか、だと思います。お互いにビジネスとしてやっている以上、税理士の人も判断が難しくなることもあると思いますが、特に起業したての人はあまり金銭的に余裕がないので、いきなり高額を請求されたり、という状況に陥ることが怖いと思います。 そのため、税理士を選ぶ段階で、過剰な請求をされたり適当にあしらわれないようにしっかりと親身になって聞いてくれるような税理士を選びましょう。